おしょうがツーリング2022 9日目(1月8日)

おはようございます。

 

 

 

 

 

代わり映えせんな(笑)。

 

 

 

 

 

阿蘇に向かうローカルな道を選ぶも、通行止め。

 

 

 

 

 

 

 

 

代わりに、マミコゥロードなる広域農道へ。マミコゥてなんやろ?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空が幻想的。

 

 

 

 

 

 

こんなん見つけた。めがね橋て読むのかな?

 

 

 

 

でもアーチひとつやしなぁ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

気が向いたら読んでみてや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを走ってたらたまたまあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんせっせとお水汲み。

俺もペットボトルの水を捨てて、汲んだがな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿蘇に突入!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか美味しいもんありそうやね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだか。でも、入場料とるきマンマンやん。生意気な!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高度が上がって行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いわゆるケニーロードについたけど…

思案の末、突入(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケニーもお気に入るハズやなあ。

3分の2ほどのとこまでは、微妙な路面の霜はあったけど順調やったのに…

 

 

 

 

ダメだこりゃ!
勇気ある撤退決定。

戻りながら思い出したけど、初代K百で来た時も同じ目に遭ったわ。でもそのときは200メートルも行かんところでもうバリバリやったからか、すぐに撤退したなぁ。
そしてエビノ高原でめちゃめちゃ吹雪にあったんやった。
その年は日程の半分くらい天気悪かった覚えがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

オオツ、ではなくてオズなんやな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜張橋のバリエーションなんやろけど、凝ってるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う~ん、雄大!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道の駅。けっこう新しいみたい。

 

 

 

 

 

建物の裏が凄い!

 

 

 

 

 

 

めちゃめちゃエエ眺め。

 

 

 

 

 

この眺めをオカズにお昼ごはん。

 

 

 

 

 

納豆の豆、でかい。金時豆ちゃうか?てほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適やなあ。

 

 

 

 

 

ミルクロードに突入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外輪山の上を走ってるから、片側は草原、片側は山並み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

大分港を目指すのだが

この210号とやらが曲者で、ほんまに1キロとか2キロごとに交互通行。
豪雨災害?のせいで法面崩れまくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターチェンジあったのを物怪の幸いと乗る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがどんどん沈むんやなぁ、車とかトラック山ほど乗せるから。

続く

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。