シンチャンズ用語シリーズ

「マジで何かに引っ張られたって」(まじでなんかにひっぱられたって)

【解説】
聖なる修行ロード「京北一周コース」での修行中。シンチャンズ1号が体験した超常現象的体験後、2号に言い放った言説。

1991年または92年。京北一周コース終盤。トンネルから出たところでシンチャンズ1号が停止。「トンネル内でリアを何かに引っ張られた」「ツーリングネットがスプロケに絡んだかな?」と自らのバイク(ZXR750)を点検するも異常なし。後ろを走っていた2号に「ホーン鳴らしてくれたよな?何かに気づいたから鳴らしてくれたんやろ?」と尋ねるも2号は「ホーンは鳴らしていないし、何ら異常は感じなかった」と回答。1号は「マジで何かに引っ張らてたって」と繰り返し説明するしかなかった。

▲画像はその時のライディングマシン

【備考】参加者はシンチャンズ1号(ZXR750)、2号(GSX1150EF)でした。大変怖かったです。

【関連キーワード】

「京北一周未遂事件」 「京北一周コース」「周山街道」「ムー・トワイライトゾーン」等など。