DSC_3188

これは一体 何台目のバイクかな?。現在の愛車の1台です。
あ、どうも シンチャンズ2号です。

このバイクは、結論から言いますと、何の特徴もない普通のバイクです。
デザインの好みはそれぞれなので、格好いいとか悪いとかの評価はしません。
250ccなので、全開加速しても落ち着いて(笑)回りの状況を確認しながら走れます。
大きなバイクのように、加速したとたん体が後ろに置いてきぼりになりそうになって、その拍子に更にスロットルが開いて車線変更すらおぼつかないし前しか見る余裕がない、なんてことはありません。
交通の流れをリードしながら走るには、けっこう回しながら走らないといけないので疲れます。
目を三角にして走ってもたかが知れてるので、チンチラ走りたい人にはとても良いバイクだと思います。
ただ、股がって足裏がべったりつくくらいの体格の人には、ステップが高すぎて膝の曲がりがキツいと思います。
ロー、アンド、フォワードステップが欲しいところです。
シートももう少し幅が広かったら、尻の痛みがましだっただろうと思いますが、足つきを考慮した設計らしいので致し方ないところでしょうか。
ハンドリングは極めてニュートラルです。メータ類がカウルマウントなので、変に切れ込んだりしないので、くだり坂のカーブでも特に気を使うことなく走れます。
ただ、そのぶん、ハンドルに対する余計な入力に敏感なようなので、コーナーでは腹筋背筋をしっかり緊張させておくほうが良いと思います。
荷物の積載性はノーマル状態だと大したことありません。後ろのシートがあまり大きくないので、小さめのシートバックが適当でしょうか。
あと、意外に燃費が良くなかったのが残念なところ。

DSC_3196

積載性を向上すべく、先代の愛車 ゼルビスからサイドケース、トップケースを移植、更に、積載量アップと前後の重量バランスの最適化を図る為にフロントにもパニアケースを装備出来るようにしました。

DSC_3200