FZR250R(3LN3)回顧録2

みなさんこんにちは。シンチャンズ1号です。

回顧録1の続き。

まずは簡単なインプレッションを。出来るだけ当時を思い出しつつ。

とりあえずエンジン。対した素材が無いのですが・・。

↓↓↓数秒のアイドリング動画がコレ↓↓↓
(画像クリックでYouTubeに)

▲撮影は2018年位だ! 1990年製造のクォーターマルチとしてはエンジンの調子は上々だ!

このFZR250R 3LN3は45馬力モデル。3LN6から40馬力モデルになる(最終は3LN7=1994年)。

40馬力モデルは派生のネイキッドモデル、ZEAL(イルカイメージの?)のエンジン、キャブをベースにバルブ周りはFZR独自のもを使ってるとか。

この40馬力モデル、未だに少し乗ってみたかったりする。多分乗りやすいから。

▲TZR125同様、入手数ヶ月後にはメンテナンスを敢行した!

・・・・・・・・・・・・・・・

そもそも、特にこのFZRではシャカリキに攻めるつもりも無く(笑)

ただ、一番バイクの状態がわかるのはヤマだと思ってるので結構通った。

回顧録1にも書いてる通り、いくら排気管にコントロールバルブEXUP(エグザップ)が付いても、3000回転なんかで上り坂はダメ。

そもそもEXUP無しのクォーターモデル乗ったこと無いしわからないが(笑)

(エグザップ、Exhaust Ultimate Power-valveの略)

▲磐○街道で、瑠璃っチさんの3LN5(かな?)との貴重なショットだ!

瑠璃っチさんの3LNに付いてるマフラーはヤマモトのSPEC-A(だったかな)だ!

瑠璃っチさんはVFR400Rや、TZR250 3MA、NSR50、TDR80等を所有する磐○街道の仙人さまだ!

ココに攻猫さんのCBR250RR (当然マルチのヤツで爆音)も絡んでくると、サーキットでもなかなか聞けないサウンドだ!

・・・・・・・・・・・・・

えっと、エンジンのインプレッションでしたね。すいません。

「普通に」走るのなら、平地であればトップ3千回転でも走れないことは無いですが、まあ精神的には厳しいかもDEATH。

「少しキビキビ」走るのであれば、やはり最低5千回転位は回しておきたいところ。

「ヤマをキビキビ」走るのであれば、意識せずとも1万回転は軽く回っていることでしょう(笑)

このバイクは原則、回せばそれだけパワーが出ます。(回転数でパワーを稼いでいるので当たり前なのですが)

高速道路などでの巡行はどうでしょう。100㌔巡行は軽くいけます。120㌔になるとエンジン回転数が1万1千近くになり、耳障りになってきます。

もちろん、性能的には140㌔巡行でも160㌔巡行でも出来なくはないですが、3千回転以下で走る事、同様にあまりお勧めしません。

▲メンテナンス後(2011年位?)の一枚だ!

・・・・・・・・・・・・・・・

なお、車体の方は120㌔程度ではビクともしません。

他社ライバル車を知らないので何とも言えませんが、低回転域のトルクは薄いものの、その後の中域、高域までスムーズに繋がる「出来の良い」エンジンだと思います。

燃費は回せば回しただけ悪くなります(リッター当たり14Kmとかになったりします)が、白浜ツーリングなどではリッター当たり20Km位まで伸びました。

ハンドリングなどについては、回顧録3に続く〜。