KZ1300回顧録2

みなさまこんにちは。
シンチャンズ1号です。

回顧録1からの続きです。

一応は走るようになったZ1300。
チョコチョコ故障はしながらも、2号や3号と走りました。

■写真はシンチャンズ3号のV-MAXと納車後数日に神戸に向かった時の一枚。このときはクーラント噴いてました。

この頃、2号はGSX1150EFなどという当時でさえ超絶レアバイク入手。

どこを走るにも割と飛ばしてました。
Z1300は150キロも出すと車線変更するだけでヨレヨレ…ものすごく怖かった。

当時はホントにダメなバイク…と思っていたけれど、
新車ストック状態またはキチンと整備されたZ1300であればここまでヒドイはずがないと今は思いますよ。

■Z1300の後ろに2号のGSX1150EFと3号のV-MAXが写ってます。

走るステージはほとんどが幹線道路。
数少ない調子がよかった時期の記憶では。

加速はおだやかなイメージ。
確かに6気筒なので排気音と相まってシルキー。
ただ、このZ1300はダンガーニの集合が爆音仕様だったので、回すと煩くてシルキーどころじゃなかったけれど。

■ハンドルを下げて幅もつめた。ライトも丸ライトにしてみた。

コーナーリングはよくわかりません。
峠とかほとんど走ってないし(笑)
集合管の具合もあってセンタースタンドがすぐに擦ってました。
まぁバンクさせても…って感じもあるけど。

何よりブレーキが車重に見合ってないので、攻めるのはたとえ調子の良いZ1300であっても難しいかも、です。

調子は悪いなりにチョクチョク走って楽しんでました。
このころから遠方にも出かけるようになったり。

回顧録3に続けます。