TZR125メンテ 2【Fフォーク】

みなさんこんにちは。
シンチャンズ1号です。

メンテ1からの続き。
かなりうろ覚えの昔にやったTZR125メンテ。

フロントフォークまわりの整備DEATH。

▲ちょうど、オイルも漏れつつあったのだ!あ〜面倒!(●`ε´●)

▲トップキャップのカバーを外したらサビだらけだ!
予想はしてたけど。
で、防サビ潤滑油を吹いて一日放置。

▲キレイになったので、クランプちょい緩めトップキャップを緩め、そしてクランプを完全に緩めてフォークを引き抜いた。

フォークオイルを排出して。

▲フロントフォークスプリングを取り出して(適当に)測定だ!

一応既定値内にあったので交換不要!

次はアウターチューブとインナーチューブの分解。

バイク小屋の構造柱が単管パイプなので、柱にアウターチューブを固定!(両手フリーになるのでめっちゃ便利)

▲アウターチューブ下からボルト抜・・・けないのだ!(●`ε´●)

インナーチューブの中が供回りしてダメ。写真右のように電動インパクトでも今回ダメだった・・・。

そこで・・・。

▲このようなモノがあった。多分水道工事用?の長〜いTレンチ的な工具。

コイツをインナーチューブの中にぶっ刺して。

▲逆さまにして単管パイプの柱に固定!

テンションかけて供回り防止。(床に写ってるバールを足で踏んで下からもテンションかけたのだ!)

今度はうまく行った。

引き抜いたインナーチューブは灯油で洗浄しておいた。

次はシール交換DEATH!

▲まずはクリップを取ったのだ!

そしてフォークオイルシールにアタックだ!

▲このザマである!(●`ε´●)

タイヤレバーやバール、ラジオペンチを駆使して引き続きアタックだ!

▲取れたのだ!

▲オイルシールの抜き取りは多大な犠牲の上に成り立っていたのだ!(コレは百均ラジオペンチだけどね)

もう疲れ切ってたのでスライドメタルの交換は諦めた。

とりあえず、インナーチューブを装着した。

今度はオイルシールを入れる作業が待っている。

▲インナーチューブに被せたラップにシリコングリス塗ってス〜っと入れていくのだ!

シールを叩き入れるスライドハンマー無いしどうしよう。(今まではだいたい姉のバイク屋行って工具借りてやってた)

▲バイク小屋作ったときの端材で、色んな塩ビパイプがあった!

TZR125のフォーク径33ミリに合うようなのがちょうどあったのでコイツを使うのだ!

▲スコーン、スコーン、重さが足りんのだ!

▲さらに上にから単管パイプの切れ端で、今度はズゴーン!、ズゴーン!

▲うまくいったのだ!

シリコングリスを、塗っておくのだ!

▲ダストシールを叩き込んでやったのだ!

次はフォークオイル。ヤマハの純正10番をチョイス!ある程度はメスシリンダーで測って注入。

▲油面測定器だ!

パイプにゴムのチューブをテープで止めてオイルをいれたインナーチューブに突っ込む。既定値の部分に印つけといてモンキーかまして固定。

あとはオイル継ぎ足しながら注射器で吸引。吸引できなくなったとこで油面調整完了だ!

▲完成だ! もちろん手でシュゴ〜シュゴ〜と、ストロークさせてエア抜き済だ!

これでフロントフォークはまずは完成。

ちなみに。

▲同じ頃に撮った携帯画像。ナニコレ?何か工夫をして作ったんだと思うけど、自慢げに撮ってる割には何の為のものなのか全く記憶にない(笑)

何に使うのかわかる方、また書き込んで下さい。お食事処にしおの店主からプレゼントがあるかも、DEATH(笑)

それでは次はステアリング編に続きますよ。