TZR125 メンテ3【ステアリング】

みなさんこんにちは。

シンチャンズ1号です。

メンテ2に引き続き、2007年頃に実施したTZR125のメンテ記録DEATH。

今回はステアリング編。

軽量車なので、それほど神経質になる必要もないのだが、

今回ベアリング類は事前に新品部品を発注。全替えした。

▲こんな状態からだ!

ステムナットを緩めて〜。ロア側のボールベアリングを落とさないようにステムをそっと引き抜い・・・

▲バラバラバラ〜!ロア側ボールベアリングが案の定、転がっていったのだ!(●`ε´●)

▲アッパー側もちょっと転がっていったのだ!

で、こんな状態。まあこんなもんでしょ。

▲ロア側の散らばったボールを集めて載せた!

こんな感じ。アッパーよりマシに見えるのは何故。雨水とかロア側に影響しそうなのに。

▲今回はボールもレースも新品に交換だ!

(響きが、あのアニメの名言「レディもレースも俺のもんだ!」に似てる)

メンテ2にも出てきた長〜いTレンチ的な工具でフレーム側ロアのベアリングレースを叩き出しだ!

アッパー側は下から叩き出し済だ!

▲新しいレースに古いレースをかぶせて上から叩き込みだ!

目視も大事だが、叩き込んでいくと明確に音が変わるので、それが完了の合図だ!ロア側も全く同じように作業だ!

▲新品ボールベアリングはイヤというほどグリスに馴染ませて更にタップリのグリスと共に並べるのだ!

▲次はステム側のレース抜き取りだ!マイナスドライバーあてがって叩いた!

▲ステム側も古いレースをあてがって新しいレースを叩き込むのだ!

▲単管パイプの切れ端が合いそうだったので、あてがって叩き込んでみた!

▲成功だ!アッパー側同様タップリのグリスとともにボールベアリングを並べた!

あとは外した時とは逆の手順でフレーム組んでいくのだ!

写真はもうないのだ!

※ステムナットの締め込みは勘どころが難しいと思うので、とりあえずはガタかないとこまで締め込んで、あとは走って調整しかないと思います。

まだまだ続きます。次はメンテ4、エンジン編