TZR125 メンテ4 【エンジン】

みなさんこんにちは。

シンチャンズ1号です。

さてメンテ3の続き。今回はエンジンDEATH!

▲明るい場所で作業だ!クーラントなどは抜いておいた!チャンバー外した!

▲チャンバーはカーボンだらけだ!(左写真)

サンポール入れてブンブン振り回して内部洗浄だ!シリンダー近くの部分はマイナスドライバーでこそげ落としだ!(右写真)

完成後、エンジンかけたら乾いた音になってて驚いた。

▲キャブは洗浄メンテ済だ!その内容は割愛!

▲リードバルブをとったとこから見えるクランクだ!綺麗に思えるが正直よくわからないのだ!

▲シリンダーヘッドを外しすとピストンだ!さすがツースト、簡単だ!そしてカーボンだ!

▲シリンダーを抜いた!そしてピストンを取った!

▲外した部品は綺麗に並べておくべし!

▲今回、リードバルブも新品に交換した!外したモノも割れなどは無かったが、やはり経年変化は微振動に影響があるのでは?との判断。

▲ピストンはカーボン取っただけでそのままだ!周辺の部品(リング、ピン、ベアリング等)は新品にした。

写真左が旧部品。ピンがちょっと焼けてる?

▲ヘッドの状態は良好だ!(と思う)

▲面倒なのは、古いガスケット剥がしだ!プラスチックのモノサシや同じくプラスチックのスクレーパーなどで根気よく!写真右の状態へ。

ピストンの取り付けは、ピンを叩くときにコンロッドに負担かけてそうでブルーになったぞ!

▲シリンダー入れるのがまた大変だ!二人いれば良いのだけど。

内壁にZOIL塗って〜。少しづつズラしながら〜。最後はヌルっと入ったのだ!

▲まだやる事があるので、エンジン始動は先の話だ!よってプラグホールからZOILを数滴垂らしておいたのだ!

写真には無いがYPVSも分解洗浄済み。かなりカーボンが付着してた。

次回はブレーキ編DEATH!