こんにちは。
シンチャンズ1号です。

YSR50。

僕が16才で免許をとって初めて買ったバイクです。
(画像後ろに写ってるのは父親と彼のXL250S(笑)です。)

image

当時の高校生は学校がバイクを実質禁止する三ナイ運動が全盛期で免許を取得するのが難しかった。(今もかな?)

僕の通ってた高校はユルイ?学校だったんで、他にならって原付免許を取得した。

で、買ったのが発売間もないヤマハYSR50。

悪く言えば使い回しの、よく言えば信頼性が高い空冷ツーストロークエンジンをレーサーYZRに模した車体に載せた前後12インチのミニチュアレプリカ。

当時のカテゴリー自主規制の7.2馬力にちょっと届かない7.0馬力。

 

初めてエンジンかけて、走り出した時は嬉しくて嬉しくて、これまた新品のへルメット(SHOEIのTF270)の中でニヤニヤしてた。

で、そんときの事は今思い出してもやっぱりニヤニヤします。

 

父親がバイク(XL250S(笑))に乗ってたから、最初の頃は走りに連れてってもらった。

慣れてくると、やっぱり峠へ。
なんせ、ミニチュアとは言えレーサーレプリカ。
そりゃ峠行っちゃう訳ですよ。

当時、バリバリマシンはまだ発刊してなかったかな?・・・とにかく、峠で走る事に夢中になった。

革なんて当然持ってなくて、装備は下はジャージで上はトレーナー。
膝に空き缶、つけてたね(笑)。

 

ツーストロークエンジンのパワーバンドはなんか怒ってるみたいな感じ(笑)。
気持ち良かった。

チャンバーまでは買えなかったけど、リミッターカットして、デイトナのタコメーター付けて(80にはノーマルで付いてたけど、50には無かった)、最高速アタックなんかもやってた。

でも。同級生の友達のガンマ50やRZ50の、いわゆるフルサイズ50と比べると、やっぱり色んな意味でかなわなかった。

乗り比べると、YSRに比べて回転が伸びていく感じと震動(騒音?)の無さは感動もんやったなあ。

 

それでも、YSRで峠に通ってた。

で、初転倒。
平日早朝のホームコース。
Uターン場所ひとつ前の下りの右コーナー。
気を抜いてオーバーラン。

見事にミゾにハマった。
YSRはライダー放り出してミゾにハマったまま走っていった。(笑)

 

結果ネイキッドになりましたとさ。
(画像後ろは姉貴のVFR400Rです。)
image

 

YSR50、よく走ったけど、ドップリとバイクの魅力にはまった僕にはちょっと物足りなくなっていた。

高2で中免とって、高3でナナハン免許とった。
憧れのナナハンを買う資金の一部として、高校卒業とともにレッド男爵に二束三文で下取られていっちゃった。

 

今から考えれば。
足付きの良さ、
シンンプルな構造、
素直な旋回性、
充分なストッピングパワー、
と初バイクの少年にとって、ヤマハYSR50はやっぱり良いバイクだっと思うのよ。

 

 

ではでは。