モトグッツィ BREVA750 1

みなさんこんにちは。シンチャンズ1号です。

2019年の秋にBMW K100RS(FZR250RやTZR125も)を処分したあと。

年末にはモトグッツィBREVA750(以下ブレヴァ750)をオークションで手に入れた。(モトグッツィも面倒なので以下モトグッチ)

誰もが知ってるバイクではないと思うけど。モトグッチは知ってる人もいると思う。世界最古のMCメーカーらしい。

とりあえずは検討過程の話。

▲画像はネットから拝借だ! コレがブレヴァ750だ! ちょっとだけ何だこりゃ?的な外観だ(主観)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて。

K100RSも重すぎる…と感じて数年、もう少し軽くて取り回しの良いヤツ無いかなぁ、4気筒も飽きたなぁ、と思ってた。

K75SSなんかサイコーと思ってたけど、年代が古すぎるので泣く泣く却下。(シンチャンズ2号もK75C降りちゃったし)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

K75の後継となるとトリプルではないが排気量的にはツインのF800シリーズか。

10年くらい前(2010年くらいですかね)から、シンチャンズ3号(R80RT)と「もし乗り換えるなら何か?」という話をしては「F800シリーズかな」というゆうな話はよくしていた。

「あと数年したら中古価格もこなれてくるし、その時に考えよう」とも。

で、実際に数年したら価格はめっちゃこなれたが、ライダー本人が年食って「そのバイクちょっと速すぎない?」となってしまい却下。

▲画像はネットから拝借だ! 左/K75SS 色んな意味で無敵ですな! 右/F800S 良いバイクだとおもうのだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はブレヴァ750にはかなり前から興味は持っていた。

縦クランク+シャフトドライブのバイクには好印象を持っていた。メーカーは違うがどこかコレがBMW K75の後継機種かも、などと考えていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

興味を持った発端は、2011年の雑誌に載ってたモトグッチV7クラシックの記事だった。

400CC並みの小さな車体に必要十分な装備、絶対的なパワーは無いものの湧き上がるトルクと薄味ながらもグッチ特有の味もあるOHV750ccのVツイン。でもネオクラシック臭がちょっと…なぜスポークホイールなのよ…って話。

・・・・・・・・・・・・・・

よく読んでみるとクラシックV7は、2003年に出たブレヴァ750がほぼベースになっているとの事。

その時代の雑誌、何冊かあったの見ると載ってた。2003年当時は読み飛ばしていた記事だったが、2011年に見るとまた違ってた。

コレカモ!!と思った。

▲2003年8月の雑誌だ! 右はGSJの広告だ!(モトグッチのバイクは知らないが、なぜかみんな昔から知ってたグッツィスポルト神宮寺だ!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブレヴァ750、欲しくはなったものの予算的に厳しい上に何より中古のタマが無い。特に関西では皆無。

実物を見たのも枚方の赤男爵に奇跡的にあった1台と、奈良かどっかの道の駅で見た1台だけ!位のレベル。

このタマの無さが響いて、他のバイクもまた検討レースに入ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

カワサキW650、ER-5。現行で唯一検討レースに一瞬入ってきてたのはスズキVストローム650。

W650も良いバイクなんだろうけど、やっぱりV7クラシックと同じくちょっとネオクラシック臭がキツくて。

そもそもスズキの650のVツインは良い(楽しい)らしいとのイメージがあって、現行のVストーム650なら乗ったら乗りっぱなしで手もかからなだろう、と予想。でもやっぱり何故にそんなにタイヤが太いの?…みたいな事まで考えてしまって却下。

ER-5ははもうお金の問題です。コレ乗ったらお金貯まりそう。結局最後までブレヴァと競ったのはER-5だった。

▲画像はネットから拝借だ! 左/W650だ!良いバイクだとおもうのだ! 右/Vストローム650だ!コレまた良いバイクだとおもうのだ!

▲画像はネットから拝借だ! コレがブレヴァ750と最後まで競ったカワサキER-5だ! KingOf珍車だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本ではクォーターマルチの「バリオス」として街のキッズ達の人気車だが、兄弟車があった。

「ER-5」がソレである。GPZ400S(EN400とか)からEX-4へと続くカワサキ水冷ミドルツインの血脈の一派。海外の貧乏キッズには人気の車種(だろうとは思う)。

当然カワサキは日本でコンナモノを販売する事はなかった。2000年過ぎ頃?赤男爵が新車を驚きのプライス(多分40万円。下手したら40万円切ってた?)で逆輸入販売してた。

ここ最近は中古車でもオークションでも出てくりゃ嘘みたいな値段。

部品買いまくっても、お財布は大丈夫だね、と言う事でマジ探してた。トチ狂って近所の赤男爵まで行って自慢のイントラネットで探してもらった。「シンチャンズ1号様!我がイントラネットで、1台探し当てましたッ!」とさすが赤男爵、でもコミコミとは言え35万円は無いよね。(店員さん、そもそも自分とこがコレ海外から引っ張ってきてた事知らないんじゃ?…)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな事をしていた数日後、オークションで滋賀県からブレヴァ750が出品された!

関西からは本当にレア。価格がちょっと…とは思ったが連絡取って現車確認をお願いした。

購入編みたいな感じでBREVA750 2に続きま~す。